fc2ブログ

古ポジデジカメ複写から~オノアサでの記録

本日もお越し頂き有り難うございます。

デジカメ古ポジ複写ネタから、今朝は2枚ほど。

1996年5月、美祢線のDD51セメント列車を撮るべく、京都から遠征。
まだETCもない時代で、8000円オマケの付いている58000円のハイウエイカード買い出撃。
一日は美祢線のみに集中、二日目は朝はオノアサでブルトレ撮影後に美祢線という予定で行っておりました。

そんな二日目。
確か宇部あたりに泊まった記憶があるのですが、はっきりせず。
1列車富士には間に合うよう、現着し撮影開始。

ロクロクブルトレは後日でもアップしますが、今日はそのときの何気ない記録のコマから

_20211017_161130-19960525-411のコピー

1996.5.25
421系4M4T

F4S AiAF ED80-200 PKR


山陽本線で見る421系は新鮮でした。
この時代は、社会人12年目でもあり白黒はほぼやめて(現像プリントの時間がとれなくなった)67と35ミリともポジで撮っていました。
さすがに67はメインカットのみでしたが、35は遠征時は一応来たものは撮る感じでやってました。

これもそんな1コマで、撮っておいてよかったです。


_20211017_163155-19960525-kumoha123-4のコピー


同上
クモハ123-4+105系1M1T


宇部・小野田線への送り込み列車の返しだったのでしょうか。
山陽線を短編成で走る姿が見られました。

上の娘が6歳、下の息子はまだ妻のおなかにも存在せずの時代。

機会は少ないながらも、鉄は続けていました。
思えば、大学時代に次いでよく撮っているのは今ではないかと、そんな感じです。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

サロンカー土佐路~瀬戸HM付送り込み~

岡山から高知まで大サロ団臨が走る。
そんな土曜の岡山エリアだけ参戦する事が可能となり、出かけてきました。

かつてのブルトレ、瀬戸のHMが撮れるとあって悪天候ながらも出撃。
当初は正面がちのアングルを考えたのですが、ロケハン不足で探せず(後刻、良い場所を発見し貨物狙いで撮影はしましたが)。

HMが判るシチサンアングルで構える事に。




回9304 EF651128+ロロフ5(14系)


小雨の早朝6時10分過ぎ、ISO2000まで上げて1/640 F4.5。
明るいレンズは訳あって持ってこれず、ギリギリの露出設定。


何とかHMが判る撮影が出来て、ここまで来た甲斐がありました。
奇しくも日頃お世話になっているお仲間さんとここで遭遇したのも凄い偶然。
悪天候ということもあり、10名ほどでお出迎え。


瀬戸のHMは、アクリ板で作られたものの、文字の立体感への拘りと原図面から寸法通り新規製作しただけあって非常に美しい仕上がりでした。
*これ、瀬戸風ではなく、瀬戸そのもののデザインです。


この後の下り送り込み回送・本場合わせて三発撮り、四国へDE重連へと追いかけるお仲間さんと分れ私は岡山エリアで貨物撮影に。
皆さんJR四国内へ追いかけで行かれたようで、万富あたりはガラガラに(笑)





9日からの先週撮影分のRAW現像がこれ位しか手についておらず、連写含めて700ショット程の中からご覧頂けそうなコマを少しずつ現像し順次アップ予定です。

ぼちぼちとお付き合いをお願いいたします。

ある日の大社臨

東の成田臨・高尾臨とならんで、西の伊勢臨・大社臨といえば冬の定番。

その大社臨、2004年1月の根雨~黒坂でのショットから。



DD51 1179+岡サロ

大社臨の定番です。




DD51 1183+ワカ座




EF64 9+ヒロ座


この日、大サロが撮れたかどうか、ポジが実家にあるので判らず。。
いずれにしても、一日で2.3本の初詣臨が撮れた頃です。


こういった需要、今はバスに移行しているのでしょうか。
残念です。

美祢線貨物

八高の貨物で、ふと思い出し、、、、
 
 
 
もう一度、撮れるものなら撮りたい被写体の一つ。
 
 
美祢線の凸貨物。
 
 
一日居れば、それこそ何本も撮れる効率の良さ。
 
ロケーションも良く、理想的な路線でした。
 
 

 
1996・5・24 DD51 850
 
 
 
ガードレールがみかん色なのは、山口県の特徴です。
 
 
いまでは、セノハチですら遠すぎて行けず。
 
 
非電化で貨物、となると本当に路線が限定されて来ましたね。

伯備のカーラック

外付けHDDをゴソゴソと見ていたら、、、
 
DD51牽引の出雲を撮った日、帰路に伯備線へ立ち寄りロクヨン貨物を撮っておりました。
 
伯備線といえば、かっては大社臨を狙いに何度も訪問した所。
当時から、ロクヨン貨物を撮影しておりましたが、カーラックを撮ったのはこの日が最後でした。
 
 

 
2006・3・4 EF64 1049
 
 
車体の大きさが、ますます存在感を増しています。
重心を低くした設計で、特徴ある貨車でした。
 
 
牽引するロクヨンも、今では広島更新に(こちらも貴重ですが)。
エアホース類も再び取り付けられ、総括制御が可能となっていますね。
 
 
当時のカメラはD200。
今のキャプチャーNX2で現像すると、また違った味になります。
JPEG撮りがメインだったデジタル化の初期の頃。
全てRAWと併用で撮っていたら、という思いに駆られています。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR