fc2ブログ

大糸北線~シュプール号全盛の頃

本日もお越し頂き有難うございます。

古ポジ、以前アップのデジカメ複写版での再アップでの1コマ。

このところ、いろいろと世間を賑わせている大糸北線。

この時代が最も輸送人員が多かったようですね。
考えれば当たり前のことで、沿線人口の減少もまだ少なく、シュプール号乗り入れによる通過人員が多かったのも要因かと。

最大で7往復のシュプールが走り、さらに団臨のホリデーパルが入ったこともありました。

_20200419_001042-9###-DD1610のコピー

1991.1
回9*** DD1610+20系X6+DE10
F2 105/2.5 KR

トンネルは多いものの風光明媚な路線であることに変わりはなく、地元利用だけでは存続が難しいだけに、観光資源利用での活路を見出すよりほか、手はなさそうです。
それとて、簡単にはいかないと思いますが。

今の立地も「ひとり孤島」状態で、西日本の在来線とつながっていない点も厳しさを増しているようです。

長野五輪開催の頃は、こんな状態に陥るとは夢にも思わなかったのが偽らざる事実です。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

シュプール白馬栂池~’95シーズン’

本日もお越し頂き有り難うございます。

昨日ワクチン3回目接種で、今日は安全を見てテレワークに。
だるさはあるものの、幸い発熱もなく過ごしております。

明日から三連休という方も多いと思いますが、私は相変わらず近場でちょこまか撮って終わることになりそう。

今朝の朝ドラ、カムカムエブリバディー。時代は1994年頃の設定。
ちょうどこの写真を撮っていた時代に近い感じです。


_20200504_233853-91##-181のコピー


1995.1
シュプール白馬栂池(折り返し普通運用)
キハ181系X7
大糸線 南小谷~中土
アサヒ6X7 SMC-T105/2.4 RDPⅡ


米ヨナの381系が国鉄色に変わり、明日から運転開始のようですね。
この色合いは、日本の風土によくマッチすると思います。
やくもも、食堂車が付いていた、この181系気動車時代が個人的には好きでした。


_20200504_234148-91##-DE101032のコピー


同上
DE101032+ハハフ6(14系)+DE10
大糸線 頸城大野~姫川
アサヒ6X7 SMC-P165/2.8 RDPⅡ


この2枚、阪神淡路大震災があった年の同じ月の撮影です。
R14系が被災し、一般車を使用して1往復に充当。
阪神地区が被災しているときでもなお、こうしてスキー臨を走らせていたのは、ある意味であの地震の特異性があるかもしれません。
*神戸は被災し物がないときでも、大阪京都は被害少なく物があった。わずかな距離差なのに現実が大きく違った

カムカムエブリバディー、この震災について触れるのかどうか。
京都はあの地震では、ほとんど影響を受けなかったので描かれるのか、またどう描くのか。
一昨夜の地震で、ふとそんなことを思った次第。


この大糸線もいろいろと取り沙汰されています。
地元住民が利用する路線というより、観光路線でしか活路がなさそうなそんな気がします。
JRWから離れ小島になってしまった路線ゆえ、トキ鉄が運営するという手段も有りなのかなと、いろんな事を考えてしまいます。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

シュプール戸狩野沢

本日もお越し頂き有難うございます。

ひさしぶりの更新となります。

このところ、仕事やそれ以外で結構バタバタしておりまして。

今夜も古ネタから。

以前にアップしているかも知れませんが、デジカメ複写での画質向上版でのアップになります。

200420_215734-199301-DD1611のコピー

シュプール戸狩野沢(回送)
DD1611+ハハフ4(14系)


上越はとんでもないほどの降り方ですね。。
ここ飯山線沿線も豪雪地帯ですが、この年はそこまで積雪は多くなく。

サイド気味で撮っても、足回りがこれだけ綺麗に見えているので、暖冬気味だったのかも知れません。

DD16も客車を牽く機会がこのところなく、寂しい限り。
小海線は無理なようですし、飯山辺りでまたやってほしいものですが。

ホリデーパル20系

本日もお越し頂き有難うございます。

今日も古ポジから1枚。

シュプール詣をしていた頃、広島エリアからホリデーパルを使用したスキー臨も設定されていました。

200504_164045-19940205-DE101532のコピー

1994.2.5
回91** DE101532+20系X6+DE10
アサヒ6X7 165/2.8 RDPⅡ

この年は、積雪が多かったようで、頸城大野でもしっかり積雪がありました。

この日、朝は信越線でシュプールを撮り、ユーロの復路送り込みまで撮影。
高速を飛ばして大糸線へ移動。このホリパルとシュプール20系回送狙いに転戦。
北陸道が出来たからこその、効率的な撮影でした。

臨時急行 妙高81号回送

本日もお越し頂き有難うございます。

7日から仕事スタート。二日間勤務の後、土日。
長期連休後は、今回みたいなスタートが良いですね。
明けていきなりフル勤務もつらいですし。
まあ、今年はテレワークのため、気分的にはあまり変わらないですが。

67ポジ複写ネタ、今回は1994年冬のナンバーから。

1990年に上の娘が生まれてから、7-8年は遠征といえば冬のシュプール撮影くらい。
近場ではちょろちょろ撮っていましたが、地域の各種役員を務めたりとかで、なかなか撮影に出られず。
その反動が、東京赴任後に出ているかも知れませんが(笑)

雪の北陸道を上越ICまでひた走り。
国道18号を通り、妙高高原駅まで。
京都自宅を出て、大体いつも3時頃には到着していたかと思います。
ひと休みすると、上野からの臨急妙高81号が到着。

200504_135827-19940115-EF6243-93##-12のコピー

1994.1.15
回93** EF6243+ハハフ6(12系)
信越線 妙高高原
ペンタ6X7 165ミリ RDPⅡ

到着は、停車位置が悪かったのか?撮っておらず。
折り返しの回送で据え付けられたシーンのみ撮影していました。

この前の年は、殆ど人がいなかったのに、この年は7-8人ほどいたような記憶があります

EG灯が灯っており、電源が切られていることがわかります。
まあ12系なので、EGは関係ないですが、連結作業の安全性確保からキチンと動作しているようです。
いまは、EG灯そのものを外された罐もおり、生まれの氏素性が旅客用なのか貨物用なのか分からなくなっています。

こうしてみると、ロクニはやはり雪の山線が似合います。
東海道を急かされるように荷物列車を牽く仕業は、きついものがあったかと思います。

プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR