fc2ブログ

単機 二題

P501のキハ回送があった日曜日。
 
新金線でまったり撮っていたのですが、定番の切取り以外で色々と狙えそうです。
 
 
エチレン輸送が調整期に入り、日曜は基本単機の73レ
 

 
2011・2・26  73レ(単)  EF65 1078
 
 
財源があれば、新中川橋梁へ向かったのですが、単機ではと。
 
新金線ならではの、高い架線柱を広角で取り込んでみました。
 
 
 
 
 
 
 
キハ配給の大役を終えて、ひとり高崎へ帰るP501の後ろ姿。
 

 
2011・2・26  単9431レ  EF65 501
 
 
進行現示の閉塞信号を入れて、走り行く後ろ姿を狙ってみました。
 
プロウ左側に草がかかってしまいましたが、テールランプを灯して行く姿は魅力的です。
 
 
 
 
新金線、まだまだ色々と狙える感じですね。
気候がよくなったら、改めてゆっくりとブラついてみたいと思います。
 
スポンサーサイト



2/27 撮影記

今朝はゆっくり寝ていようと思っておりましたが、やはり習慣と言うのは恐ろしいもので、
普段の起床時間、6時前には目が覚めてしまいます。
 
 
ふっと窓の外を見ると、月が出ている。
「え、晴れてるやん!?」
 
昨日の予報では、曇りで一時的に晴れ。
朝食を摂り、二度寝しつつも8時過ぎには起床すると、これまた曇り。
「やはり、予報通りか」
 
今日のお目当ては、お昼過ぎにやってくる。
まだ時間はタップリあるのですが、どうせなら貨物も。
ということで9時半前に出発。一路、新金線を目指します。
 
 
10時前に現着、どこで狙うか色々思案。
そうこうするうち、空から雲が消えて、快晴に変わってきました。
「こりゃ、夕方まで曇りそうにないな」、そう思わせる空に。
 
 
 
 
茅ヶ崎からここまで、いったいどれだけのカメラの砲列に出迎えられたのか?
 

 
2011・2・27  配9429レ  EF65 501+キハ30-62
 
 
 
人出が多いと予想し、脚立を持って行きましたが、、、
ここでは4名でまったりと撮る事が出来ました。
フェンス越しゆえ、脚立持参は正解でした~!!
 
P501を久々の順光で捉えることが出来、満足しています。
 
 
 
P501単機の返却回送を撮り、新小岩からのDE10はパスし、江戸川へ。
 
 
やはり、今日は人出が多いですね。
ここでも脚立が活躍。
 
 

 
2011・2・27  5388レ  EF81 95
 
 
95安中、何度も撮ってはいるのですが、晴れた日は久々かも知れません。
月末月初に81代走が集中している気がしますが、これもいつまで続くのかと。
財源のタキも、高速対応の新車が出て来ますし、この姿も移り変わって行きますね。
 
 
改正まで、あと2週間。
実質、改正前に撮れるのは来週の土日のみ。
JRFの動きが、やはり気になっております。

2/26 撮影記

昨日とは打って変わって寒い予報の土曜日。
 
朝から良いお天気なので、誘われるように出かけて参りました。
 
 
ダイヤ改正前ゆえ、記録撮影に専念。
何がどう変わるか、全く以って予想がつき難い昨今。
定点記録撮影と、ロクヨン広島更新機狙いで浜崎橋へ。
 
 

 
2011・2・26  3094レ  EF64 1049
 
 
ようやく順光のもと、このカラーを記録する事が出来ました。
シンプルで好感が持てる塗り分けだと感じています。
 
 
 
 
 
午後は、毎度の定番ヒガウラへ移動。
 
 
 

 
2011・2・26  8685レ  EF65 1127
 
 
これまた、広島更新PF1127号機。
先週もこの地で記録していますが、財源はコキでした。
今日は臨貨ゆえ財源の不安がありましたが、タキ20車で登場!!
 
 
 
ほかに、こんなのも。
 
 

 
2011・2・26  5593レ  EF65 1082
 
 
 
シキ1000が2両付いた5593レ。
コキは相変わらずの積載率ですが、原色が嬉しいです。
 
 
 
上越では、ボンたか代走もあったらしく、明日朝も金沢行でありそうです。
115系スカ色の臨も今日明日と、賑わうのでしょうか。
西ではキハ181のサヨナラ運転と、ハコモノでも話題が多かったようですね。
 
 
 
 
 

伊吹バック

東海道新幹線で、米原界隈でお手軽に撮れる伊吹バック。
 
場所柄、なかなか好天に恵まれませんが(笑)、晴れたら伊吹が綺麗に見える場所。
 
 
この地の今の主役は、Z編成。C/Bも準主役といったところでしょうか。
 
 

 
2002・9・20  100系 G編成
 
 
この角度からだと、伊吹はピーク前後しか写し込めませんが止むを得ないですね。
 
 
最近は、月一回「乗車して」通るだけで、なかなか撮影が出来ません。
お天気の良い日に、幹線のあのドキドキ感を伴なうシャッターチャンスを味わいたいものです。
こいつだけは、秒8コマでも連写せず1コマ切りでファインダーに専念です。

本来の使命

JRFのロクヨンが、0・1000含めて稲沢(愛知)に集中配置されて、はや1年。
 
ロクヨンというのは、本来、重連総括で走るのが峠道でのその使命。
関東での「里運用」は、いわばアルバイトみたいに思えますし、山越えが似合うカマです。
 
 
 
その0番台。
伯備線に活路を見出し、いまや本来の西線では使命を失い。。。
残念ではありますが、総括を組んでの姿を見るのは厳しいとか。
 
 
 
貨物自体が消えた、辰野貨物
 

 
2006・11・24  5579レ  EF64 50+47
 
 
まだ、篠ノ井(塩尻)に配置があった頃です。
良く見れば、昔は多かった3色更新カマですね。
 
ゆっくりと辰野の大カーブを走る姿が印象的でした。
 
 
 
 
そして、木曽路では
 
 

 
2006・11・24   5870レ  EF64 43+72
 
 
全般検査を出て、まもなくの運用に就く43号機。
エアフィルター装備の前期型で唯一の更新機。
こいつも篠ノ井からの移籍組ですね。
 
 
 
何度も通った西線でしたが、この日以降は、いまだ訪問出来ておりません。
1000番台に変わっても、木曽路の魅力は変わりませんので、「いつかまた」と思いつつ。
 

ある日の記録から

気が付けば、2月も残すところ、あとわずか。
 
毎年の事ながら、年明けの1~3月は非常に早く過ぎて行くと感じます。
 
 
ダイヤ改正まで、もう1ヶ月ないんですね。
改めて時の経過が早いことに気付きました。
 
 
 
 
 
4年前の夏、同じ日の記録です。
 
 

 
2007・7・1  1455レ  EF65 535
 
 
 
 
そして、もう1カット、、、
 
 
 

 
2007・7・1  1091レ  EF65 57
 
 
 
 
実質、4年弱しか経過していませんが、最近の変化は激しいです。
 
 
狙い以外の列車も、基本「来るもの拒まず」精神で撮影しておりますが、
やはりこの姿勢は、保ち続けていきたいと考えます。
 
デジタル化した今では、尚の事、記録に徹しやすいと感じます。
 

春の予感

三寒四温とは良く言ったもので、これからの季節、日一日と春が近づくのかと。
 
陽射しは、真冬の頃と較べると「白い明るい」色に変化しつつあります。
 
 
 

 
2011・2・19  遅2076レ  EF64 1040
 
 
 
”春の予感 そんな気分 時を止めてしまえば ♪”
 
シンシアこと南沙織の爽やかな歌声が、頭の中で自動演奏されております。
 
 
 
 
この週末、少しだけ春を感じた青空でした。
 

美しきサイドビュー

今年度末で、いよいよ命尽きる秋田の583系。
 
順次玉突き異動ですが、仙台の583系が転属し、その後任となる由。
登場後、40年ほど経過してますし、既に立派な「旧型電車」の域に。
 
平行カルダンゆえ、そう感じないのかも知れませんね。
でも、よくよく見ると結構改造の手が回っています。
 
 

 
2011・2・19  回9748M  583系(秋アキ)     クラブSS1/20
 
 
ペネシアブラインドは、カーテンに取り替えられ、車体表記はペンキ書きに。
屋根上には、無線アンテナ。
小さなアイテムですが、実はかなり重要な要素だと思っています。
 
 
とはいえ、、、
この美しきサイドビュー。
 
 
流電クモハ52や合いの子クモハ53が、その美しさを保っていたように、
ゴッパーサンも横顔が美しき車だと、感じてしまいます。

猫の目天気とPF

日付が変わってしまいましたが、土曜日は狂電関人さんとまったり鉄を楽しんで参りました。
 
「晴れ」という予報を信じて撮影に向かったのですが、これまた猫の目天気。
せめて午前中だけでも快晴で、、、という願いもむなしく雲が多い空が。
 
 
ビミョーな晴れ方。。。
 
 

 
2011・2・19  73レ  EF65 1096
 
 
まだまだ綺麗な1096号機。
MR管も装備しており、更新機とはいえ好感が持てます。
 
 
 
 
午後も猫の目は変わらず。
 
 

 
同上   72レ  EF65 1072
 
 
薄く陽が射していますが、かなり厳しいです。
原色が来る時に限って、こうなるんですよね。
 
 
 
 
 
雲間から陽が射し込み、なかなか良い感じに。
 
 

 
同上   5593レ  EF65 1127
 
 
この列車としては、まだ積載率は良い方かと(笑)
サイドが弱いですが、やはり晴れたら気持ちがよいです。
 
 
今日は、これ以外に3色更新が来たり、工臨返空があったりと、PFデーに(爆)
お手軽ながらも、結構楽しめた一日となりました。

銀釜

いま、銀釜というと、EF510のカシオペア塗装でしょうか。
 
関門海峡では、昔からステンレスの銀釜がメインで活躍。
こちらは今はEH500が投入され、青函で慣らした足で闊歩するように。
 
 
 
私が高校1年生の冬休み、南九州へDF50撮影に遠征した時の一コマから。
 
 

 
1978・1・4  EF30 1  門司駅    オリンパスOM-1 ズイコー50ミリ KR
 
 
雨の中、発着するブルトレや臨急等を撮影していましたが、島式ホームで思うように撮れず。
 
思案していると、EF30のトップナンバーがお出ましに。
 
ナンバープレートが黄色に塗られ、コルゲートがないのが特徴のトップナンバー。
 
後にも先にも、この時の出会いが唯一のものとなりました。
 
 
 
 
 
 
高校1年の冬休み、、、、そういえば我が愚息もいま高校1年生。
その愚息に、「あいつ、一人で宮崎まで夜行に乗って旅が出来るのか?」
なんて、当時の自身を振り返りつつ、思いが過ぎります。
 
やはり、ひとり旅をさせないとアカン。
つくづくそう思ってしまいます。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR