fc2ブログ

貴重な裏被り?

いつの頃からでしょうか、裏被りという言葉が登場したのは?
 
串パンなんていうのも、ゴハチ時代には存在しませんでしたし、
パンタの後ろ云々より、前面窓の映りこみをいかに避けるか?に苦労していた時代。
 
いまでは串パンを気にするあまり、前面窓の変な映りこみや他の障害物の邪魔が気になる写真も散見される時代。
 
白狼さんの言葉を借りれば、「昭和の男は、串パンは気にしない」。
まさにそれを感じることが結構多くあります。
 
 
 
 
で、冒頭の裏被りですが、、、、
 
 

 
2003・7・19  101レ  EF65 1106  銀河  *後ろ被りは、ML九州のR14系
 
 
 
今となっては、貴重な客車列車。
 
裏被りしているのが同じ客車列車というのは、やはり貴重だと思うか、それとも邪魔だと思うか?
 
意見が分かれそうですが、今こうして見ると、結構貴重なシーンに思えてなりません。
 
 
 
 
 
倶楽部百山7人展(写真展)のお知らせ↓
 
 
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



釣鐘のある駅

今年の関東、8月は比較的過ごしやすい日々が続きますね。
 
台風がやってきそうなのは、迷惑千万な話ですが、こればかりは避けようがないですし。
 
 
いつものHDDをゴソゴソやっていたら、こんな納涼画像がありました。
 
 

 
1990・2・3  回9122レ  戸狩スキー号回送  DD16 11+12系X4
飯山線  飯山駅  ニコンF2 ニッコール50ミリ  KR
 
 
上野から、信越線ヨコカル経由で「妙高81号」に併結され、長野で分割。
ロクニからチビロクへと牽引機を変え、戸狩を目指すスキー臨「戸狩スキー」。
 
この頃は、桑名川まで入らず、確か戸狩止まりだったと思います。
復路は回送が殆どで、飯山までは早朝。飯山から長野は朝の通勤時間後の設定でした。
 
 
 
釣鐘のあるホームを横目に、一息つく回送列車。
 
 
張り詰めた冬の朝の空気が、気持ち良かった記憶が残っています。
 
 
 
倶楽部百山7人展(写真展)のお知らせ↓
 
 
よろしくお願いいたします。

夏祭り

昨夜、一旦は中止になり、その後延期となった隅田川花火大会が開催。
 
拙宅のベランダからは、少しですがその様子を見ることが出来ます。
 
夕食を摂った後、しばらく花火を眺めておりました。
 
 
 
 
夏祭りといえば、各地の花火大会が思い起こされますが、、、
 
 

 
2003・8  東北夏祭り(回送)  583系X10
東海道本線  山崎~高槻
 
 
東北の夏祭り輸送のため、毎年8月上旬に設定されておりましたが、いつの間にか設定がなくなり。
 
この、なまはげが描かれたHMも見る事が出来なくなりました。
 
そういえば「日本海」の救済臨で、「あおもり」が走ってましたが、こちらも消えてしまいました。
 
 
 
このゴッパーサンが波動用として活躍することは、もうなさそうな感じですね。
 
 
 
倶楽部百山7人展(写真展)のお知らせ↓
 
 
よろしくお願いいたします。

やまかいじ

お約束通り、今日も非鉄でまったりしておりました。
 
くだんの右足は、まだ暫くかかりますし、一休車状態になっております(笑)
 
 
 
となると、いつもの古ネタからのアップなんですが、今日は3年前のショットから。
 
 

 
2008・11・16  3326M  189X6
信越本線  牟礼~古間
 
 
ハザ付のローカル”妙高”なんですが、HMがなんと”はまかいじ”!
 
 
ピクセル数をいつもより大きくしましたので、確認しやすいかと(^^)
 
 
ここは信越山線。
 
はまかいじ ならぬ やまかいじ   か??
 
 
撮影直後、そんな言葉が頭を過ぎりました。
 
 
 
 
 
倶楽部百山7人展(写真展)のお知らせ↓
 
 
よろしくお願いたします。

三菱石炭鉱業鉄道

一昨日、DE10 901をアップしましたが、今度は「社型DD13」を(^^)
 
 
三菱石炭鉱業鉄道、、、大夕張鉄道と言った方が通りが良いかも知れません。
 
夕張線の清水沢と南大夕張を結んだ、石炭輸送がメインの鉄道。
かっては、シューパロ湖畔を通り、大夕張まで結んでいたのが、短縮され。
 
当然、蒸気機関車が活躍しておりましたが、私が訪問出来た時は既に無煙化後。
 
 
とはいえ、オレンジ色のDD13にセキ(道内専用のロセキです)の石炭列車が走り、
旅客営業も全て客レ、加えて混合列車も存在し、客車は石炭ストーブに3軸ボギー車まで!!
 
 

 
1984・3・5  106レ  DL55-No1
三菱石炭鉱業  南大夕張~遠幌  ニコンF2  ニッコール105ミリ  TRI-X
 
 
 
沿線で唯一の、と言って良い撮影地の橋梁です。
 
空車ですので、これからヤマへ石炭を積みに行くところでしょうか。
 
 
 
 
 
昼間は貨物のみ、旅客は朝夕のみで3往復。
 
確か、朝はバスで現地入りし、移動もバス。
 
最後に南大夕張から清水沢までスハニ6(3軸ボギー車)に乗って訪問を終えた記憶があります。
 
 
 
北海道の、石炭輸送の最後の姿を見られたのは、幸運だったと思っています。
国鉄本線上は、DD51がその任にあたっておりました。

その名は 901

ここしばらく、撮影に行っていないので、古ネタからの写真です。
 
 
モノクロスキャン、一度に何コマかやってしまうのですが、どれをアップしたか??になったり(爆)
 
そういえば、こいつは未アップ分だったかと。
 
 

 
1980頃(データ調査中)  DE10 901(吹一)
 
 
 
確か、吹田駅だったと思うのですが(岸辺かも?)、たまたまDE10の試作機に出会いました。
 
その時は、とりあえず1枚。
 
の感覚でしたが、以後出会うことはなく、廃車となってしまったようです。
 
 
 
撮れるものは、なんでも撮れる時に撮っておくものだと、いまでも痛感させられます。

ぐんまDC

月日が経つのは早いもので、プレぐんまDCから1年。
 
キャンペーンラッピングの115系、なかなか撮る機会がないかも?と思ってましたが、
案外、狙いの列車の前走りでやって来る事が多く、幾度かチャンスに恵まれています。
 
 

 
2010・8・28  448M  115系X4
 
 
確か、P501牽引の風っ子を撮りに行った時です。
露払いの如く現れた、ラッピング115系。
 
 
原色車は、基本ノーマルが好きですが、期間限定には勝てませんね(笑)
 
 
あ、、、金太郎の岩手ラッピング狙わないと。。。(大汗)

世代交代

この土日、完全非鉄に終わってしまいました。
 
土曜日は早朝だけ、、、なんて考えたのですが露出がなさそうで断念。
右足怪我の関係で、電車&歩き鉄はもとより断念しており、マンションでゴロゴロ。
今日は今日とて、小雨が降り続き、これまた出かけず。
 
ということで、今日は11月開催の写真展出展候補作の構成を練っておりました(^^)
全体の流れは、ほぼ決定なのですが、出展作の候補がいろいろありどう構成するか?
 
2Lプリントのアルバムをめくっては、”ああでもない、こうでもない”と思案しきり。
*私はデジタル化以降、RAW現像し2Lで「お家プリント」して保存しています。
 
 
そんな日曜でしたが、気になっていた列車が、、、
 
それは工9362レの水戸工臨。
牽引するカマが気になっており、それ次第ではどうしようかと考えましたが、、、
 
 
今回から(は?)、EF510牽引に変わっておりました。
下りは510、上りは81というパターンだったのが、どちらも510に変わったのかも?
 
 

 
2009・8・23  工6383レ  EF81 85+ホキ
新金線  新小岩~金町
 
 
田端81が次々と秋田へ送られ、廃車の憂き目に。
状態の良いカマなら、JRFへ安価で売れば、と思うのですが。
 
 
ここにも世代交代が着実に進んでますね。
宇都宮常駐カマは、いまでも81ですが、こいつは暫くはそのままかと。
 
 
 
ご心配をお掛けしております、右足親指ですが、1/3ほど爪らしきものが生えてきたみたいです。
まだ包帯は外せませんが、あと2-3週間はあまり無理せずで行こうと思っております。
 
足が悪いと、出かける気分もかなり失せますし、なによりも歩き鉄は厳しいですね。
暫く、出撃機会は減りますが、レンタカー鉄&原付鉄にしようかと思っております。
 
 
 
写真展告知HPですが、ビジュアルマップが入りました。
 
 
お越し頂ける方も、難しい方も、よろしくお願いたします~m(__)m
 

本来の姿

0番台が希少価値となり、サメが殆どとなったEF66。
 
つい先日まで、原型が当たり前だったのですが、時代の流れは早いです。
 
 

 
1995・3・22  EF66 1
東海道本線  山崎~神足
 
 
いわゆる天王山バックですが、いまでは撮影不可能となってしまいました。
原色・ヒサシなし・デカパンという66初期型の姿で走るトップナンバー。
 
MR管が付けられ改造を受けてますが、美しき姿に変りはありません。
 
こうして、コンテナ貨物の先頭に立つ。
生まれもっての使命を果たす、本来の姿に思えます。

編成美

編成美というと、つい電車・気動車を思い浮かべてしまいますが、
先日、山崎で見た上り貨物、小豆色のコンテナで全て統一(形式は違うようです)されており、
思わず「撮影用列車みたいやな?」なんて思ったものです。
 
 

 
2011・8・11  5084レ(?)  EF200-4
東海道本線  山崎~長岡京
 
 
空コキもなく、コンテナの抜けもなく、見事な編成美を見せてくれました。
 
コンテナの色は別として、満載されている姿は、
「やはり、こうでないと!」
と思わせるものがあります。
 
30フィートコンテナとか海上コンテナの満載も、また非常に魅力を感じてしまいます♪
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR