fc2ブログ

嵐の前の静けさ

今日は、同級鉄の狂電関人さんと、普段着貨物狙いで出かけておりました。
 
日曜日のメインは、8071レですが、今日もほぼ満載状況で通過して行きました。
すべて瓦礫コンテナに、と思ったら後ろに普通の5トンコンテナが若干。
やはり石巻港復活後の10月9日以降になりそうですね。
 
 
そんな、日曜の朝でしたが、こいつは動いてました。
 
 

 
2012・9・30  8760レ  EF65 2092
 
 
土曜だけでなく、日曜も動いている8760レ。
ありがたい話です!
 
 
それにしても、台風襲来の日というのに、良い天気。
 
今は雨風共に強いですが、まさしく嵐の前の静けさの天候でした。
スポンサーサイト



秋日和

嵐の前の静けさ、というのでしょうか。
今日の東京は、良い天気。
 
9月10日頃から、鼻水が止まらず、治りかけたらまた悪化。という状況が続いてます。
今朝は年度末の疲れもあって、二度寝をしてしまい、昼前に医者へ。。。
アレルギーでは?との診断でしたが、早く治したいものです。
 
 
ということで、今日は非鉄。
 
ちょい前の、秋晴れのショットを貼っておきます。
 
 

 
2005・9・10  工9588レ  DD51 1191+チキ
ニコンD70S AFニッコール28-105
 
 
湖西線なのに、なぜDD51牽引だったか記憶がありません(汗)
いわゆる「ロンチキ」編成ですが、関東のようにAとかBとかいう編成名はなかったような。
 
 
定期日本海も消え、東北からの集約臨設定もなくなり、117系・113系が当時を偲ばせるのみ。
バードが盛んに行き来する姿を見るにつけ、時代の流れを感じます。

銀塩デジタル併用の頃 完結編

月曜日から、分けてアップしてきましたが、今日でまずは完結編としたいと思います。
 
2004年、まだまだデジタル一眼が高く、画質も今とは全く異なる頃。
ポジメインで撮りつつも、デジタル化の波は、どんどん進んで行きます。
ネットの世界が一般的になり、その道具としても活用され始めたデジカメ。
 
 
D70S・S602と画像を紹介してきましたが、今日はパナソニックFZ-10です。
400万画素のCCDにて、やはり今のコンデジとは比べものになりませんが、
当時としては高画素に分類され、連写もOKなネオ一眼タイプのデジカメでした。
 
 

 
2004・12・18  DD51 1803     東海道本線  清洲~稲沢
パナソニックFZ-10
 
 
セメントタキに黄色毒タキ、後ろにはコキが連なっています。
貨物ファンにはたまらない中京地区。いまでも魅力は褪せてはいないと思います。
 
メインはRDPⅢかRVP-Fのいずれか。
ニコンF5&ペンタ67に、サブとしてコンデジを使うというやり方でした。
今から思うと、相当な重装備で撮っていたと思います。
まあ、自宅から車で行けるということゆえ、出来た事であり、今ではちょっと不可能になっています。
 
 
 
この日は、移動して西線でも撮影しています。
 
 

 
2004・12・18  8884レ  EF64 29+27    中央西線  釜戸~武並
パナソニックFZ-10
 
 
こうした晴天順光だと、あまり「アラ」が目立ちませんが、やはりノイズ感はあります。
いまでは、同じロクヨンでも1000番台になってますし、このスジも高速化。
原色重連の運用を確認すると、撮影に出かけたものです。
 
 
 
当時は、一貫してJPEGでの撮影(コンデジはJPEGしか無理でしたが)。
RAW+JPEGで撮り始めたのは、その後2006年頃からでしょうか。
いずれにしても、D70S投入以降であるのは事実です。
 
 
先にもコメントへのレスで書きましたが、便利になった分、何か大切なものを失った。
そんな気がしてならない時があります。
 
 
 
撮影地で、シャッターを切った後、昔は走り去る列車を見つめている人が多かったのに、
今では、視線は列車ではなく、カメラの液晶モニターを確認している。。。。
 
まさに、「撮らされてる」のかな?なんて思ってしまう瞬間です。
自戒の意味も込めて。
 

銀塩デジタル併用の頃 その3

一昨日から、このシリーズで記事を載せていますが、今日は更に遡り。
 
2004年1月のショットから。
 
デジイチを入手する前、今で言う「ネオ一眼」的なコンデジを使ってた時期がありました。
 
富士フィルムのFINEPIX S602。
 
メディアは、今はなきスマートメディア。
画素はハニカムCCD採用でしたが、約600万画素。
 
 
センサー自身が小さいこともあり、やはり今見るとかなり厳しい画質です。
 
 
 

 
2004・1・10  EF64 1050     伯備線  根雨~黒坂
富士フィルム FINEPIX S602
 
 
 
カーラックコキも懐かしく、大社臨撮影で伯備線を訪問したのも、今や思い出。
朝は、山陰線でDD51「出雲」を撮って、大社臨へ。というパターンも多かったです。
 
 
当時のメインフィルムは、我がHNであるRDPⅢで、+1までの増感をうまく使いながら撮影していました。
粒子の悪化を懸念して、+0.3とか0.5とか、こまかい増感もプロラボに依頼していた時代。
入射光式露出計も併用して露出を決めていた、懐かしき時代です。

銀塩デジタル併用の頃 その2

昨日に引き続き、D70S時代の画像から。。。
 
わずか7年前なんですが、いやはや時代の流れは早すぎ。
 
 
当時、この列車も現役でしたし、どちらかというと併結になった事がショックだった位で。
 
 
 

 
2005・7・16  34レ  EF66 53  東海道本線 高槻~山崎
ニコンD70S  AF-EDニッコール80-200/2.8S  ISO200  1/500 F7.1
 
 
わずか4両になった「彗星」。
佐世保編成が消え、長崎編成だけになった「あかつき」。
 
 
バックの風景も、ずいぶんと変わってしまっており、この場所も足場が確保出来なくなりました。
 
 
こうして見ると、退色しないって、やはりデジタルは凄いと改めて思ったり(爆)。
まあ、「データ消滅」という危険性がはらんでいるという事実も忘れてはいけませんが。

銀塩デジタル併用の頃 その1

デジタル一眼が世に出て、ようやく少しずつ普及し始めた2005年。
 
ひょっこり、当時のCFを探り当ててしまい、思わず見入ってしまいました。
 
 
ニコンD70S、画素数600万画素。
 
 
まだまだポジメインの時代でしたが、デジタルの手軽さを感じ始めていた頃。
そんな時代のショットを、何回かに分けてアップしたいと思います。
 
 
当時、RAWでは撮っておらず、JPEGのみ。
 
トーンカーブ修正等の、ごく基本的な画像処理は当然実施しております。
 
 

 
2005・10・22  3561レ  EF65 1091
ニコンD70S  AFニッコール50/1.4   東海道本線 醒ヶ井付近
 
 
 
黄色の毒タキ、水色のコンテナ、白Hゴムの1091号機。
 
当時は何も感じずに撮っていた1コマですが、7年の時が経過すると変化が激しいです。
 
 
こうしてみると、2L~A4程度なら600万画素でも大丈夫な感じです。
まあ、ちょっと厳しい面もありますが。

気になっていた列車

先日から、気になっていた列車がありました。
 
それは、4074レ。
倉賀野発、川崎貨物行き石油返空。つまりタキ編成。
熊谷ターミナルまでは、時折回送扱いのコキが付く事がありました。
 
つい先日まではそうだったのですが
 
 
 
 

 
2012・9・22  4074レ  EF65 2127
 
 
コキ200には、エタノールタンクが載っており、倉賀野からこのスジで輸送される事となりました。
日によってコキ5車の事もあれば、空コキが混じる事もあるようです。
 
以前では、秩父ホキにタキが付いた5764レが有名でしたが、いまはホキのみ。
そう考えると、このコキ+タキはなかなか魅力的な組成です。
 
東北線には、5584レで海コン+タキという、これまた凄い組成がありますが、
牽引機が桃なのと、夏場は土曜はコキのみ。タキが付いたら長大編成で撮る場所が限られる。
なんていう別の意味での悩みがあったりで(笑)
 
 
いずれにしても、機会ある時には狙いたいスジのひとつです。

黄色いストライプ

終日、ほぼ曇り予報の土曜日。
 
今日は久しぶりに、川崎界隈へ行って参りました。
 
川重で新製されたEF210 300番台がこちらへ回送されるというので、出撃。
通過直前の到着でしたが、何とか撮影することが出来ました。
 
 

 
2012・9・22  9864レ  EF65 2067+EF210-301(ム)
 
 
こうして、次位に付いているシーンでも、黄色ストライプが目立ちます。
 
 
 
 
後追いも
 

 
 
 
サイドのグレーの部分がブルーになったことで、ずいぶん明るい印象に。
それに、この黄色ストライプですので、なかなか好感の持てる塗装かと。
 
 
今後の増備分、一般区分の桃も、このカラーなら!
なんて思ったりしています。
 

さてはて

ついに、大宮工場へ全般検査入りしたようです。
 
 

 
2012・1・14  8592レ  EF64 1047
 
 
この広島更新色で出てくるか、それとも高崎更新色で出てくるか?
 
 
 
それまでの「お楽しみ」ということになりそうですね。

Jiro Taniguchi ラッピング

先日の帰省時、ロクヨンの配給が来る前、偶然に捉えた1コマです。
 
古くからのお馴染みさんが先におられ、「HOT7000のラッピングが来ますよ!」と教えて頂き。
現地到着とともに、すぐ姿を現しました。
 
 

 
2012・9・15  59D  HOT7000X5
 
 
サイドのロゴ・ステッカーとともに、前にはネームデザインが。
 
C電であれ、ライナーであれ、来たらたいていシャッターを切っていますが、
HOT7000で真剣に撮ったのは、恐らく初めてではないかと(汗)
*C電:内線(電車線)の普通電車、ライナー:新快速。昔からの言い方が抜けません(笑)
 
 
この先頭車なら、サイドからの流し撮りも面白そうです。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR