fc2ブログ

大サロ団臨(中央大学鉄研) 上りの部

さて、昨日の続編です。
 
下りを撮った後、昼飯の買出しをして場所移動。さらに西へ向かいます。
 
返しもカン付なので「かぶりつき」という手もありましたが、虎ロープがうるさく耐えられず。。。
 
 
で、少しサイド気味で撮ることに。
 
 

 
2013・9・28  9314レ  EF65 1128+大サロX7
 
 
閉塞信号とリレーボックスがうるさいですが、まあ良しとします。
カンは、ちょっとごちゃごちゃした感じで、往路の方がスッキリした印象。
 
 
来る寸前、陽光が弱くなりとろ火に。。。
通過後、再び陽光が強くなったのは、これまたお約束!(爆)
 
 
このあと、夕方のロンチキもありましたが、時間の関係でこいつで切り上げ終了としました。
 
中央大学鉄研の皆様、このような企画列車を走らせて頂き、感謝しております!
 
 
 
さて、次に大サロフル編成が撮れるのは、いつになるやら!?(謎)
帰省とも絡みそうにないし~(爆)
 
 
追伸:今日は、結婚式で迷カメラマンを務めて参りました(笑)。鉄よりはるかに難しいです(^^;;
スポンサーサイト



大サロ団臨(中央大学鉄研) 下りの部

この週末、実は京都に帰省しております。
 
日曜日に親戚の結婚式があり、それに出席するために京都に居ります。
 
今日、土曜日はちょいと西まで出かけて参りました。
実に8-9年ぶりではないかと!?
 
 
お目当ては、これでした。
 
 

 
2013・9・28  9313レ  EF65 1128+大サロX7
 
 
 
中央大学鉄研が主催した貸し切り列車。
 
「富士ぶさ」を模した感じの品の良いデザイン。なかなか好感が持てます。
 
帰路もHM付きでしたが、こちらのマークの方が個人的にはお気に入りです。
 
 
 
時間的に陽が回ってませんが、まったりと撮ることが出来ました。

白Hゴム時代

いまや、そのほとんどを黒が占める事となったHゴム。
 
国鉄時代、基本は白Hゴムであり、ゴハチやゴナナ、15なんかは黒が目立たずそちらが歓迎され。
大宮工場は主に黒を使っていて、鷹取工場は白。広島は両方という感じで。。。。
まあHゴム化された時点で「あちゃ~やられた・・・」という原型窓がもてはやされた時代ではありましたが。。
 
その、基本の白Hゴム。
 
10年ほど前は、結構見られたものでしたし、あまり気にしなかったような。
 
 

 
2002・6  92**レ  EF81 144(長岡)+14系改X6(浪漫)
北陸本線  田村~坂田
 
 
全国を飛び回っていた、長野座敷の浪漫。
この日は確か、直江津経由で北陸を回り、米原から西へ。というルートでした。
 
牽引の長岡81も白Hで、当時の何気ない一コマです。
 
 

475系「ゆのくに」

この秋、リバイバルということで交直流カラー6連でイベントがありますね。
 
金沢でHMを交換するらしいですが、往復ならば4種類掲示??
それとも、2種類なのでしょうか。
ちょっと私は行けませんが、大型と小型の双方を使いHM表示するとか。
 
「くずりゅう」は以前やってますし、やはり「立山」「ゆのくに」でしょうか。
「兼六」や「こしじ」という意外性もゼロではないですが、、、
 
 
 
そんな、「ゆのくに」
 
 
475系で1往復、キハ28・58系で1往復というのが、定期スジのパターン。
これに、臨スジのキハ28・58が加わり、更に12系を使用した臨があった時代も。
 
 

 
1982年  1502M ゆのくに  クハ455-59他10連(金サワ)
 
 
トンネル内でのツララで、前面種別表示ガラス破損が発生し、鉄板で塞がれた頃の晩年の姿です。
 
EF70をメインに撮りに行った時の1コマで、一つ目のナナマルも健在でした。
 
 
大目玉のクハも、懐かしいですね。。。

縁の薄い番号

日頃から撮影をしていて、良く思うこと。
 
 
それは、「縁があるかないか」ということ。
 
 
カマでもハコでも、出会う車は良く出会うし、出会わない車はなかなか出会わない。
 
 
 

 
2013・9・23  2レ  EF510-512
 
 
この512号機。
 
実は非常に縁が薄いカマ。
今まで、まだ3-4回しか出会っていないのではないかと。
 
1番違いの513は、恐らく10回以上様々な所で出会っており、その差は歴然。
 
 
なんか、人の縁もそんなところがありますね。

ON THE RAILWAYS 7人展 2013 写真展を終えて

9月13日~16日で開催致しました
 
ON THE RAILWAYS 7人展 2013 写真展
 
 
後半は台風襲来等もありましたが、大変多くの皆さまにご高覧賜り、深く御礼申し上げます。
 
 
今回、お越し頂けなかった皆さまに、「渾身の一枚」という事で展示作のうち1枚をWEBでアップしております。
 
 
拙作は、北浦でのロクヨン水鏡ですが、撮影時は思わず「息を殺して、水面が波立つな!!」という心境でした。
まあ、息を殺しても水面の波立ちとは関係ないのですが、つい力が(爆)
 
 
そのアドレスです↓
 
 
 
 
 
発色の件や、作品としてのご意見、その他貴重な忌憚のないご意見も頂戴致しました。
 
これを糧に、次回へと繋げたく精進致しますゆえ、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 

 
2013・9・22  8009レ  EF510-510
 
 
*綺麗に晴れたら、次回の候補作になったのですが(笑)
 
 
 
 
 
 

晴れた、、、下り黒磯訓練

土曜日は、疲れが溜まっており完全非鉄!
 
14時頃までゴロゴロしていたのは、最近ではまずなかったことで。
 
 
 
ということで、今日は電関人さんとヒガハス詣に行ってきました。
 
 
 
お目当ては、これ。
 
 

 
2013・9・22  試9501レ  EF64 1052+24系X6
 
 
前回は、生憎の天候でしたが、今回は晴れ。
ここまで晴れなくても、ちょいと「とろ火」気味で良かったのですが(笑)
 
なぜか、初日に撮ったカマ番と同じ1052号機。
 
 
まあ、こればっかりは選べないので、良しとするしか(^^;;

大丈夫か??

ご存知の通り、JR北海道で、またもや事故。
 
コキの脱線ということで、不具合発生か。とも思ってしまいましたが。
 
線路歪み放置による脱線とは。。。
 
 
はっきり言って
 
 
「ありえない」
 
 

 
 
 
国鉄時代は、柄は悪く、いろいろ問題視されましたが、こんな事故はなく。
 
 
 
技術伝承が全く出来ていないこと。
 
職人魂が消えてしまったこと(サラリーマン根性に成り下がったこと)。
 
なにより、会社側が安全に対して経費を掛けることをおろそかにしていること(外部委託等)。
 
こんな事が頭を過ぎります。
 
 
 
 
そして、、、
 
西の端の会社は、新しく作った下品な茶色の列車をクルージングトレインと呼んでいるらしいですが、
ありゃどう見ても「成金主義」の気味悪いデザイン。
まあ、その会社の車のデザイン、いつ普通になるのかとある意味で心配。
あのお方が辞めない限り、下品さは続くのでしょうね。
 
 
いまのJR、、、
 
 
ほんと、大丈夫か??
 
 
と、気がかりです。

スカートが気になる

え、、、、
 
なんちゅうタイトルやねん、と思われた諸兄。
 
それは、考えすぎです(爆)
 
 
スカートと言っても、電車に付いているスカートの話。
 
 
強化なんちゃらで、黒いヤツがはびこっているようですが、これもやはり原型が美しいですね。
 
 
 

 
2013・7・21  824M  211系X10  C16編成
 
 
やはり、グレーが似合っている感じです。
 
 
185系も、黒いものに取り替えられてしまいましたが、やはりグレーのタイプが似合っていたかと。
 
 
 
結構気になるんですよね、これ。
あ、、、長いとか短いとか、それは関係ないですが(笑)

夜明け直後

関東に較べて、夜明けが遅い関西エリア。
 
ちょうど、5時40分頃が今頃の夜明け時刻。
 
 
 
現地通過は、5時47分頃と、これまた厳しい時間。
もう、このスジでは朝練はシーズンオフに。
 
 

 
2013・9・13  工9796レ  DD51 1109+ロンチキX10
 
 
ISOを640に上げても、SSは1/160、Fは3.2と厳しい露出です。
 
積載なしの返空ですが、ロンチキは東西問わず魅力的ですね。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR