fc2ブログ

常磐の顔

この週末、いわき発(どうも、平という方が言い慣れているのですが)で運転される、
 
「ゆうづる」
 
どうやら牽引機は、アレのようで、付けられるHMの真偽定かでなく、どうしたものかと。
回送だけ撮って、本番の走行は撮らずがベストか。。。
 
という事になりそうですし、日曜は午後から家事運用があるし近場だけで。。。
 
 
とまあ、いまだに色々と悩んでいる私(爆)
 
 
そんな訳で、かつての常磐の顔を
 
 

 
 
1983年頃の20系ゆえ、おそらく「ゆうづる」ではなく「十和田」だったかと。
 
まあ東京発以外は全てHMなし時代でしたので、、、
 
 
全く違うものを狙いに行く、という事も考えたり(笑)
 
 
 
さてはて、どうしますか。
スポンサーサイト



気になるヤツ

ちょいと前までは、このブチHゴム(白と黒の混合)は嫌いだったのですが。。。
 
 
今では、そんな事も言ってられない状況ですね。
 
 

 
2013・11・23  8760レ  EF64 1041
 
 
サイドの塗装は、かなり色褪せてきています。
前回の全検がいつだったか、読み取ることが出来ず。。。
 
 

 
2013・9・8  3071レ  EF64 1041
 
 
さて、次の検査を無事迎えられるかどうか、気になるところです。
 
 
更新工事はもう中止されていますし、原色で生き残るか、淘汰されるか。
 
 
動向を見つめて行きたいと思います。

里の秋

喧騒から離れて、青空を見上げる。
 
吹く風は時折冷たく、その時をじっと待つ。
 
 

 
2013・11・23  2レ  EF510-513
 
 
青空と柿の木。
 
これこそ、里の秋。
 
 
いつまでも残したい、日本の原風景。

ヒガハスでのんびり

この土日、またまた関東は良い天気。
 
今日は午前は休養&家事、午後は娘の用事で出かけており。。
まだRAW現像が終わっていないのですが、土曜の撮影から、、、
 
 
同級の鉄友、狂電関人さんと、朝一のみ宮原へ。
その後は終日ヒガハスでまったりのんびりと撮影を楽しんで参りました。
 
 

 
2013・11・23  3071レ  EF64 1013  WB:5500KB
 
 
ギラリ狙いで、白狼さんと3名でそれぞれのポジションで迎え撃ちます。
バルサン攻撃が強くなり、かなりRAW現像に苦労しました。。。
日の入りまで、約10分。ギリギリ線路に光が届いています。
 
 
 
そして、日没直後は
 
 

 
2013・11・23  8571レ  EF66 133  WB:4200KB
 
こちらは日没後、約8分。
このアングルで野焼きの煙をフレーミングしたかったのが、今度は煙が弱くなり(爆)
まあ、なかなか思い通りには狙えませんね。
 
臨タキなのに、これまた20車組成。
さすがは根岸エネオスと思わせる瞬間でした。
 
 
WBは、実際に近づけるべくのイメージカラーでのRAW現像時の設定です。
 
 
 
朝は9時前から夕方16時半まで。
日がな一日おりましたが、それでも飽きが来ない所、ヒガハス。
 
様々な表情で魅せてくれますし、感性や思いのままに色々と切り取る事ができる。
 
 
この地が持つ風景がそれを可能にしていると思いますし、いつまでも変わらない撮影地であって欲しいと。
 

イースト愛

赤いカマとのマッチングが絶妙な車ですが、実は赤では撮った事がなく、いつも青です(笑)
 
今回は、摩耶も入って、4連の愛ちゃんです。
 
 

 
2013・11・17  回9848レ  EF65 1104
 
 
実は、ちょいと後ピンですが、このファイルサイズでは大丈夫ですね(汗)
2LでプリントしてもOKでしたが、A3位になると目立ちそう。。。
 
年々歳々、目が悪くなり、置きピンが辛くなってきたかも!?

影との戦い

陽が低くなり、日中でも美しい光線が得られる半面、朝夕は影との戦い。
 
ギラリ狙いには良いのですが、記録撮影で順光でやる場合は、これまた厳しい。
 
 

 
2013・11・16  5078レ  EF64 1016+タキ1000X20
 
 
 
私的には、スパンの間で撮りたい所ですが、そうするとサイドに影が。。。
シーズンインしてタキは20車あり、その点は嬉しいのですが。
 
 
やはり単線の片ポールとか非電化が一番ですね(笑)

秋の夕暮れ

つるべ落とし、と呼ばれる秋の夕陽。
 
先日の上毛電鉄でも、デハ101の時間がまさしくそれを実感させる頃で。。
 
 
ちょうどその前後。
 
もう少し夕陽が高い位置にある時間と、夕陽が沈んだ直後の時間。
 
京王のお下がりである700系が、駆けて行きました。
 
 

 
2013・11・16  700系(717)
 
 
この時間帯に、デハ101が来てくれたら最高だった所です。
ステンレス車ゆえ、半逆光ギラリは綺麗に輝いてくれますね。
 
 
 

 
同上  700系(724)
 
 
日没直後、月が昇り出し蒼い時を迎える頃。
デハも良かったのですが、最後の〆の撮影も美しい姿で記録する事が出来ました。
 
ほんとの最後の〆は、都内某所での夜遊びでしたが(爆)
 
 
 
こんなシーンに出会えると、やはりローカル私鉄に通いたくなります。
前回も記しましたが、課題がどんどん増えて困ったものです(笑)

デハ101 立教大学鉄研臨

土曜日の、もうひとつのメインはこちら。
 
どちらかというと、このデハ101の方がメインだったのかも(爆)
某所より上毛での臨電運転の入電あり、撮影指令が出ましたので。。(笑)
 
 
以前に一度だけ、それも25年ほど前に訪問したっきり。
上越で復活したEF55の旧客を撮り、足尾線でDE10の貨物とキハ20を撮った後の訪問。
 
 
それゆえ、初訪問と変わらぬ感じの印象でした。
 
 

 
2013・11・16  デハ101
 
 
まずは定番の赤城山バックでサイドビューを1枚。
思った以上に全長が短く、ちょいと計算ミス。
 
 
 
 
 
西桐生からの返しは、パンタが前ですので、やはりシチサン気味に。
 
 

 
同上
 
 
夕陽が沈む10分前に、なんとかギリギリの薄日を浴びて通過!
ほんと、あと1-2分遅ければ完全にアウト状態。。。
そのイメージカラーに近づけたくて、WBは6000KBに上げてRAW現像してみました。
 
 
PS13パンタにお椀型ベンチレーター、正しい日本の旧型電車ですね。
モーター音も高らかに、上州路を走る姿は魅力的です。
 
 
元来の雑食系ゆえ、こういった車も大好きで、また足を運ぶことになること間違いなさそう。
困った、また課題がひとつ増えてしまいました(笑)
 
 

あきたdeナイト回送

この週末、土日とも関東は良いお天気に恵まれました。
 
そんな土曜日、朝も早めに飛び出して、先ずはこいつを狙いに。
 

 
2013・11・16  回9732レ  EF81 138+24系X6
 
 
これからの季節、朝夕は影との戦いになりますね。
 
ちょうど良い切り位置には先客がいらっしゃるし、そこで切るとモロに影が。
顔面が丹下作善状態に。。。
 
 
また、非双頭機の指定がかかっていたのでしょうか。138号機でのお出ましでした。
おそらく月末の「ゆうづる」も、こいつの指定がかかっていると予想します。
 
 
この姿を見て、「あけぼの」が臨時化された場合は、こんな姿でやって来るんだろうな。
そんな想像が頭を過ぎりました。

ふさわしき姿

何事でもそうですが、きっちりとハマる姿というものがあります。
 
たとえば、このEF200という悲運のマンモス機。
 
時代の狭間での落とし子みたいな、そんな運命を感じます。
 
 

 
2013・11・9  7090レ  EF200-16
 
 
タキを牽く姿も、そこそこ魅力的なのですが、やはり長大コンテナが似合うヤツ。
 
間違っても、チキ数両なんぞを牽かせてはいけないと思わせる貫禄を感じます。
 
 
 
こいつも、この新カラーになって本当の魅力を発揮し出したと思っています。
塗装というものは、それほど恐ろしい影響を与えるものですね。。。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR