FC2ブログ

9/23 新井正での工臨と名神クロス

調子踏切でのショットは前回くらいまでにして、他のヤサ界隈から。


岡山エリアへのロンチキがある事を現場で情報入手。
罐は残念ながら、玉露1124ですが、これも記録。撮影に移動します。


向ったのは、新井正直線。通称アライマサ。

この名の由来は、今から36年ほど前、富士重工鶴田工場新製の50系客車の回送にロクイチが抜擢。
列番は、8101-8203で、キト14時過ぎでしたからアライマサは正に順光。
鉄道ファン誌にその回送シーンの掲載があってから、この名が付きました。
撮影者名表記は、確か「編集部A」だったと思います。
その日、私は、瀬田川で撮っていたのですが、ちょっとマンダーラになり。。。


そんなアライマサですが、この日は曇ったまま。
当時は犬走りで普通に撮れたものですが、いまではフェンスごしの撮影に。




2017.9.23 工9367 EF651124+ロンチキ


この色、やはり微妙(笑)


追いかけて





ちょっとシャッタータイミングを間違えたので、フォトショップで綺麗にしています。
サントリー前、しかし凄い人だったなあ。。


で、この日の〆は遅延5087




遅5087 EF652063 +180遅延


待っていたのは、このHM付を撮っておきたかったから。
このアングルも、もはや終了ですし、記録になればと。


この日、撮影後に地元の鉄の方々に色々とお世話になりました。
長く鉄をやっていると色んな再発見が有ったりで驚いています。
尽力頂いた友人と、快く対応頂いたお仲間さんに深く感謝しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

撮影ポイントの名称が『アライマサ』とは(笑)。
当時、EF58を撮影に行った先々で鉄道ファン誌でお馴染みの方に遭遇しましたね。
新井正さん、吉成章彦さん、伊藤久巳さん 等々、同一の場所で撮影出来た事が誇りでしたね。

No title

黒羊さん

京阪神界隈で鉄をやっていて、この名を知らないオジサン鉄はゴハチ時代を知らない方ですね。
有名人さんと出会う事もありましたが、山崎カーブで廣田尚敬に出会えた事は一番印象的でした。

No title

滅多になかったロクイチの50系回送、このような場所で撮られたとは羨ましいです。
しかしトワイライトカラーになるとPFも海外の機関車みたいですね。

No title

なんと恐ろしいくらいのニアミスですね。
私はこの下の佃踏切にいました。
お会いできなくて残念です。
なお、カン付きPFはギリギリセーフでした。

No title

南鮒さん

PFの玉露カラーですが、81以上に外国チックに映ります。
茶色は考えたくもないです(笑)

No title

RTMさん

めちゃめちゃニアミスで!被ったように見えましたが、ギリセーフだったようですね。
ちょこちょこ仕事がてらでウロウロしていますので、また宜しくお願いします。
プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR