FC2ブログ

行くで東北~冬のごほうび1983~客レと芦野公園・斜陽館

本日もお越し頂き有難うございます。

一昨日分から、冬の東北遠征記を記しています。
時は、1983年2月末~3月中旬。冬の東北へ、津軽鉄道ストーブ列車・南部縦貫レールバスの撮影をメインとして遠征。
国鉄系にはほぼ目をくれず、ひたすらローカル私鉄メインで全駅間での撮影を一つの目標で歩き潰しをした所も。
約2週間の間、ほとんどがローカル私鉄三昧という遠征です。


3月1日
五所川原で泊まった翌朝、653発の51レで津軽飯詰・毘沙門・芦野公園・金木と撮影を進めました。

Twitterでストーブ列車の混合列車版をアップしましたが、その逆サイドからのショット。
列車は混合列車の502レ

190804_203317-830301-502-DD352のコピー

1983.3.1
502 DD352
毘沙門~嘉瀬
ニコンF 50ミリ KR

この日は、終日津軽鉄道で撮影。
午後のひと時は、芦野公園の太宰治記念碑を見に。

190721_223820-830301-asinokoenのコピー

「選ばれてある事の、恍惚と不安と二つ我にあり」と記された記念碑。
ひっそりと佇んでいました。

この日は、今回の遠征で楽しみにしていた斜陽館での宿泊。
いまは旅館として営業していないようですが、当時は日本旅館として営業をしていました。
津島家(太宰の本名)の手からは離れ、人手に渡っていましたが、内部は昔と変わらず。
太宰の部屋は、蘭の間と呼ばれ、夕食で一緒になった日大芸術学部の女性と共に、その蘭の間へお邪魔ししばし歓談。
こういったふれあいも、一人旅の楽しみでありました。

190721_223941-830301-syayoukanのコピー

斜陽館(一泊夕食付で6.500円)。
翌朝は、朝食を抜きとしてもらい朝一から撮影に飛び出しました。

(続く)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RDP3

Author:RDP3
お越しいただきありがとうございます。罐メインで撮っている、オッサンのブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR